理学療法士になろう

理学療法士とは?

理学療法士(Physical Therapist)とは、病気やけがにより日常生活に支障をきたした方々に対し、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本的動作能力の回復をはかるための助言、治療を行う職業です。
具体的には腕や脚の関節の動きを良くしたり、筋力を回復させたりする『運動療法』、温熱や寒冷、電気などの物理的手段を用いて、痛みやしびれの軽減を行う『物理療法』が主なものですが、その他に実際の動作を繰り返し練習する『日常生活活動練習』や、義肢や装具の装着練習、生活習慣病の予防や治療等、職域は多岐にわたっています。
理学療法は、すべての年齢層で、また事務作業や重労働の方々、プロスポーツ選手等と幅広い方々が対象となり、職場としては、病院や介護老人保健施設はもちろん、児童福祉施設や教育機関、行政、介護居宅支援事業所等、多方面において活躍しています。

ページの先頭へ戻る